交通違反の基礎知識

不注意で交通違反をしてしまったとき、その場に居合わせた警察官に現行犯で捕まってしまうことはなきにしもあらずです。そのような場合には、行うべきではない事柄が3つあります。一つは、停車を求められてから逃げてはいけません。警告を受けて精神状態が安定しないことがしばしばなので、危険運転を行いやすいからです。停車を求められたら、すぐに応じるようにするとそれ以上の違反を重ねずに済みます。


二つ目は、質問されたことに虚偽の返答をしないことです。自分可愛さに嘘をついても、些細な表情の変化や仕草から見ぬかれてしまいます。それに、他に法律違反をしているのではないかと疑われるので、拘束時間が延びることも考えられます。聞かれたことには素直に応じて、交通違反をしてしまった事実を受け入れるようにするのが最良の選択です。最後に、捕まったときは警察官の体を叩くなどの抵抗をしてはいけません。気分が良くないときでも、違反をしてしまったことは事実です。それを追及されて逆上すると、公務執行妨害罪が適用されてしまいます。罪に罪を重ねる事態になるので、捕まったら指示に従うようにするのが肝心です。素直になれば、余計な罪を被らなくても良くなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。