交通違反の基礎知識

運転免許証のカラーには種類があります。免許証有効期限が記載されている部分にはカラーのラインが入っていますが、グリーンやブルー、ゴールドに分かれています。それぞれのカラーには違いがあり、グリーンの運転免許証を持っている方は初めて免許を取得した方ということになります。取得後三年間はグリーンのままで、運転免許を更新すると次のブルーになります。


ブルーの運転免許証は一般運転者、違反運転者、初回更新者であることを表しています。ブルーの免許証では次回の更新が三年後となりますが、軽微な違反の場合等は五年間有効になることもあります。
有効期限が最も長いのがゴールド免許です。誰もがご存知のように優良運転者であることを示しています。ゴールドという色から最も良いランクだということが一目で分かるようになっています。
ゴールドを取得すると、いくつかの特権を得ることができます。有効期限が五年間ですから、頻繁に更新しなくて良いというだけでもメリットですね。他には自動車保険の保険料が安くなることもあります。保険会社ごとに内容は異なりますが、優良運転者であれば事故のリスクが少ないとみなされて保険料が安くなるのです。
また、更新の際の講習時間が非常に短く30分で終わります。

コメント

コメントを受け付けておりません。