交通違反の基礎知識

反則金とは

カテゴリー 未分類

道路交通法違反の行為を行った人は、警察官に違反行為があったことを知らされた上で、決められた日までに違反行為に応じたお金を金融機関などを通じて納付するよう促されます。この時、違反行為が超過幅の小さい速度超過や一時停止違反、追い越し違反など、比較的軽いものだった場合に支払わなければならないのが、反則金です。


このお金は、刑事罰として納付が命じられる罰金とは異なり、行政罰として納付が促されるもので、支払うかどうかは任意となっています。通知された違反行為に異議がない場合は、このお金を納付することで、刑事手続に至らずに事件の処理が終了します。しかし、通知された交通違反の内容に異議がある場合は、お金を納付せずに不服申立てを行うことができます。実際に、違反者はほとんどはお金を納付して済ませており、異議申立てが行われるケースは稀です。
一方、お金を納付せず、不服申立ても行わずに放置した場合は、期限が過ぎてしばらく経った後に自宅へお金の納付をするための書類が送付されてきます。ここで納付を行っても、その後の手続に移行せずに事件の処理が終わります。しかし、放置した場合は刑事手続に移行し、裁判所や検察庁からの呼び出しに応じなければなりません。これ以降、お金を支払うよう促された場合は、罰金として納付することになり、前科がつくことになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。