交通違反の基礎知識

交通違反を警察官に見とがめられ、違反キップを切られた経験のある人も多いと思います。その際に反則金を請求されますが、これを払わないという方法も有ります。
それは、違反キップにサインをしない、という事です。又は、支払期日が来ても支払わない、という方法です。この場合には交通違反は刑事事件として立件され、裁判にかけられることとなります。
裁判にかけられるくらいなら払った方がいいと思う人も多いのですが、実際には裁判になった人の80%の人が無罪になっているとも言われています。


これは、違反が明らかに警察官の勘違いもしくは正当な方法ではない検挙と認められた場合です。裁判にする人の多くは警察官の取り締まりもしくは検挙の方法が、明らかに不当だと判断される場合に、支払わないという行動を起こして裁判となり、無罪となっているのです。
もちろん、心当たりのある違反については素直に警察官の指示に従い、支払いをすることをすすめます。そうでないと裁判になった時に数倍の罰金を支払うことになる可能性も高いので注意が必要です。
違反で検挙される人の多くは、無意識のうちに信号無視や、スピード違反をしていることの方が多いものです。ただし、警察から違反と言われても、そうでないことを立証できるので有れば支払わないという事も認められる可能性が高いのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。